脳を活性化!4コマプレゼン

4コマプレゼン
第9回目をむかえた4コマプレゼン会!今回もみなさんと一緒に和気あいあいと表現の共有をすることができ、楽しい会となりました。

「絵を描くことで普段使っていない脳に刺激を受けました!」と話してくれたのは初参加のAさんです。
確かに日常生活の中で文章を書くことはあっても、絵を描くことはなかなかありません。
以前はよく絵を描いていたというAさんですが、当時は次々と色々な企画が湧き上がってきた時期でもあったそうです。そう考えると絵を描くことは何らかの脳への刺激や有効作用がありそうです。

~Aさんの感想~

絵を描くことで、普段使っていない脳みそが刺激を受けました。 以前はよく絵を書いていたけれど、その頃を思い出すと、次々といろんな企画が湧き上がってきた時期でもあったなと。もちろん若さ故の柔軟な発想ができたからかもしれないけれど、脳への刺激も少なからず有効に作用していたのでは?と思います。 何を伝えるにも「イメージラフ」は共有しやすいもの。決して絵は得意ではないけれど、楽しみながら私なりの”絵心”を持ちたいです! みんなと一緒に学べるので、気付きが多いです。またよろしくお願いします。

相手に物事が伝わりやすくなるのも絵の特性です。
4コマプレゼン会では、参加者みなさんの個性あふれるマンガで話がわかりやすくイメージできるようになり、内容をより強く相手へ印象づけます。

今回特に深く印象に残った4コマがありました。
それは何気ない家族の日常に関する内容なのですが、その中には「日常が一番大切」というメッセージが込められていました。
普段は何気なく流れていってしまう毎日ですが、それに目を向けることは大切だと思いました。自分にとっての日常、毎日が普通であることが一番幸せなことだと感じたエピソードでした。

~参加者の感想~

今回もとても楽しく過ごさせて頂きました! 自分の日常を振り返ることの大切さや、こんなことがあったな、その時こういう気持ちだったなと思い返すのが新鮮で非常によい機会でした。 また参加したいと思います! 今回もありがとうございました!

そして、今回の会ではもうひとつ「気づき」がありました。4コマを通じて見えてくるのは自身が得意とする表現方法です。回数を重ねるたびにその幅も広がり、自身の好きな表現が自身の得意な表現へレベルアップしていると気づきました。自分をアピールする得意な表現法を、この4コマプレゼン会を通して見つけ出せるのでは、と感じています。

~参加者の感想~

回数を重ねるたびに、表現力が身についてくる自分に感動します。
これが、強制的な勉強ではなく、楽しみながら頭を使い自然と身につく。このことにとても感謝しています。もちろん、他の参加者のプレゼンを見ることで学ぶこともできます。
表現という引き出しがだんだん増えてくることが毎回楽しみです。
自分磨きにも最適なイベントだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です