【第5回】4コマ体操開催レポート

4コマ 体操

第5回:4コマ体操の参加者から頂いた感想をお伝えさせていただきます。
今回は、夏休み期間ということもあり親子での参加があったりと普段とは違う刺激のある時間となりました。

絵が上手くなくても大丈夫!ですが、それでもやってみると意外と難しい。 ただ何かを絵にかいて説明するだけなら簡単でも、ちゃんとオチを作るということに頭を使った気がします。 また、伝えたいストーリーの中から必要ない要素を絞って書くことによって自然と頭の中で考えていることを整理するのにつながったと感じています。

【主催者の三田より】
まさに絵の上手い・ヘタよりも「まずオチをつくること」。そして、「どのようなストーリーならオチが際立つか」を考えることが伝えるという意味では大切です。
今回、私の書いた4コマであれもこれもやろうという「足し算の生活」から「引き算すること」を取り入れ始めたという話をしましたが、まさに必要のない要素を絞っていくと本当に大切なことのみに繋がるのだと思います。

今日は難しくてもそれは体操と一緒で、繰り返すとことでオチのある楽しい生活に変わっていきますので、時々4コマのことを考えてもらえたら嬉しいです。

4コマ体操というタイトルですが運動が苦手な方にもオススメです。

私はほとんどテレワークしていて、最近、家族時間と仕事時間の切り替えが難しく感じることが増えてきました。
もしかしたら毎朝仕事の前に4コマ体操をすることで、頭の切り替えができるんじゃないか?と期待して参加させていただきました。

12分で4コマを作る作業を2回。一生懸命作るんですが、後から「もっとこうした方が伝わったな」とギュッと短いフレーズで伝える事を考えることができました。

参加者の皆さんのオチのある4コマに、クスッとしつつも、自分の4コマを発表する時間はちょっと勇気がいりました。笑

世代も仕事も全然違う方々との時間、楽しかったです。 日常のたわいもない事や伝えたいことを、4コマ体操していこうと思います。

【主催者の三田より】

なにかを変えようと思ったとき、朝の時間を変えるのは有効ですよね。
私も4コマはもちろん、ジョギングなど朝の時間による生活の変化をとても大切にしています。

テレワークの良いところでもありますが、会話の時間があっても内容は仕事に関わることのみになりがちですよね。
ぜひこうした世代や仕事が異なる人たちとの楽しい会話も4コマ体操の場の良いところだと思っているので、是非また遊びに来てもらえたら嬉しいです。

今回はまず、0から鉛筆を削るということに大感動!

改めて鉛筆をちゃんと触ってみると、あの鉛筆の年号に驚いたり、なかなか使える深さに削れなかったり面白かった!

やはり今回は、親子での参加が面白かったですね。

ママ目線、子供目線でご家庭のほのぼの感が伝わってきて、視点って面白いなぁと思いました。 自分としては、昨日はほとんど悩むことなくさくさくと4コマが書けてどっちの作品も色まで塗れちゃいました。

用意されている色鉛筆の色数が増えて塗り塗りしたかった…からさくさく書けたのかな?そんな訳はないかw

今回は、鉛筆も、色鉛筆もなんだかわくわくするグッズとして存在していたことも印象的な回でした。 次回も宜しくお願いしま~す(^o^)

【主催者の三田より】

鉛筆と色鉛筆を新調してきた効果がありましたかね!

鉛筆
新調したトンボ鉛筆

道具を変えたら何か変わるかな?と思って、日本の老舗文具メーカーの製図用鉛筆を新調した次第です。まぁ、自分が使いたかったからという言い訳ですが。

今日は親子参加もあり、いつもと違う雰囲気でサラサラとかけたというのはとても興味深いです。ほのぼのした空間のほうがアイデアが出るような因果関係があるかもしれませんね。

また定期的に道具はアップデートしていきます!次回もよろしくおねがいします。

次回は、9月19日(木)に開催します。申込みはpeatixからでも受け付けています。