広島県尾道のおすすめ本屋「本と音楽 紙片」。本を鑑賞したくなるアートな空間

広島尾道 本屋 紙片
こんにちは、みたっくすです!
本屋LIFEでは、「本屋で毎日を楽しく」をモットーに本屋にまつわる内容を発信しています。

その中でも本屋紹介ということで、今回は広島県尾道にある「本とCDのお店 紙片」をご紹介します。

まず驚いたのは「紙片」の知名度です。
尾道の知人や出会った人々に「尾道でおすすめの本屋あります?」と聞くと迷わず「紙片」の名前が上がります。(他にも弐拾db(ニジュウデシベル)を一緒に教えてもらいます。)

よく考えてみてください。地元のおすすめできる本屋の名前がすく頭に浮かびますでしょうか?きっと本屋と聞かれて思いつくのはブックオフや大手チェーン店になるのではないでしょうか。

みんなにおすすめされる紙片。どんな魅力のある本屋なのか見ていきましょう!

紙片にたどり着くまでがエンタメ

通り土間 紙片

お店に着くまでが貴重なエンタメ体験です。

まずは間口が狭く奥に長い町屋づくりの建物(あなごの宿)の小路(通り土間)を抜けていきます。右手にはカフェを楽しむ人、続いてゲストハウスのお客さんがいてと、本当にここは通っていいところなのか?とドキドキします。

看板 紙片

約40メートルの小路を抜けて奥庭に着くと看板を見つけることができます。
ただホッとするのもつかの間、看板の掛かった門をくぐった先も相変わらず生活感がある場所で、一体どこに本屋が?という気持ちに襲われます。

入り口 紙片

それでも進んでいくことでやっと白いカーテンがかかった入り口が迎えてくれます。

別世界へワープ

バイオリン 尾道 紙片

白いカーテンをくぐったその先は、まるで別世界へと連れてワープするような不思議な感覚を味わうことでしょう。

尾道の本屋 紙片

そこは日常の喧騒から離れて、じっくりと本と音楽を通して自分を向き合う最適な時間を提供してくれます。

デートスポットとしての「紙片」

尾道の本屋 紙片

滞在中カップルを何組か見かけました。デート先として選ばれているのでしょうか。本を指差し、仲睦まじくも真剣に話をしている光景はなかなか見れるものではありません。こうした雰囲気を作っているのも紙片ならではではないでしょうか。

店内 尾道の本屋 紙片

お店自体がアートに変わる紙片

アート 尾道の本屋 紙片

時間が経つにつれ、本を見ているつもりが一つ一つの作品を鑑賞している気分になります。

書籍 尾道の本屋 紙片

店主による選書や展示がそのように感じさせているのかはっきりわかりません。だけど、この本は好きだな、嫌いだなとまるでアート作品を通して自分の感性と向き合える場所へと変わっていきます。

書籍 尾道の本屋 紙片

さらに店主が頻繁に本の並びを整理しているのも印象的でした。

BGM 店内 尾道の本屋 紙片

BGMももしかしたらお客に合わせて変えられていた気がします。きっとそこには美学があり、その美学がこの素敵な雰囲気を作っていることを感じさせてくれます。

しおりとしての「紙片」。驚きをありがとう

メッセージ 紙片

本を購入したら挟んでくれた「紙片」。
そこにはメッセージが書かれていました。

「ゆだんしたらねそう」

「しんじたらとべそう」

小さなサプライズの連続が、紙片を好きにさせてくれます。おすすめの本屋として紹介されていることにも納得しました。こうした小さなサプライズができるお店がいつまでも愛されるお店になっていくのでしょうね。

鑑賞する場所として

本の料金をお支払いするとき、どこか鑑賞料金を支払っている気分でした。
それほどお店自体を味わってもらいたい場所です。
そして、その味わいの料金としてぜひ、本というお土産を1冊、2冊選ぶと忘れられない時間になることでしょう。

ぜひ、紙片で素敵な本屋LIFEをお過ごしください。

 

今回訪れた本屋:本と音楽 紙片(しへん)

住所 広島県尾道市土堂二丁目4-9 あなごのねどこの奥の庭
営業時間 11:00〜19:00 ※定休日/木曜
HP 公式HP

 

紙片さんでの購入本の紹介

購入本

ここからは紙片さんで購入した本の「購入理由」を紹介します。

本屋LIFEでは、「目的もなく本屋さんを訪れて本を選ぶ」時間をおすすめしています。たくさんのジャンルの本棚を眺めていると、自然とその時々の興味関心や感情と向き合うことにつながります。そうした中で手に取って、購入する本にはきっとあなただけの特別な理由があるはずです。
大事なのは本の中身だけではありません。

ぜひ、本屋での時間を楽しんでみてください。

アルケミスト

購入理由:世界的ベストセラーとなった理由を探求したい

「アルケミスト」という単語が目に留まり、手に取りました。

その背景には、「文豪とアルケミスト」というゲームがアニメも小説も読むほど好きということで、無視できない単語だったのだと思います。このゲームを通して知った明治の文豪も多く、興味の幅を広げてくれた意味で感謝している存在です。

当然、本の内容とは全く関連がないことはわかっていたけど、帯に8500万部超のベストセラーの文字を見た瞬間、そんなに売れてる本ってどんな本なんだろう?という興味が湧いたのと、ゲーム同様、この本も興味を幅を広げてくれるんじゃないかと期待してしまい購入を決めました。

最後の講義

購入理由:尾道に来たことで思い出した映画の名監督のことを思い出したため。

今年亡くなられた大林宣彦監督は、尾道出身の映画監督で、「時をかける少女」や「転校生」「さびしんぼう」といった尾道3部作など数多くの映画を作られた方で、映画好きで知らない人はいない存在です。

紙片の店主が、限られたスペースの中でもこの本を置いていたのには何かしらの理由があったのかなと考えたり。尾道の本屋にいるからこそ改めて故人を思い出すきっかけとなったし、どうも本棚に戻すことができなくなってしまい購入しました。

本屋訪問memo

尾道市内

よく考えると立ち読みしてもお金払わなくてよい本屋の構造っておかしなことかも知れないですね。それと少しだけ店主とお話できる時間があったのですが、マスク越しでも笑顔が素敵な方でした。今度伺う際はじっくりお話したいものです。