本を買うことがエンターテインメント。中身が分からない本が並ぶ池袋にあるブック&カフェ【梟書茶房】

こんにちは。みたっくすこと三田です。

Youtubeで「本と本屋のミカタ」をテーマに配信中です。本と本屋のこれからの在り方について、私が本屋に行って体験したことや、歩きながら考えたことなどをお伝えしています。

第2回目は、先日訪れた東京池袋にある【梟書茶房】をご紹介します。とにかく斬新な本屋でしたので、そこで感じた本屋の新しいあり方を、実際に本を購入した理由や楽しみ方とともに、紹介させていただきます。

▶ Youtube版はこちら

※本記事は、YouTubeで動画として公開しており、ラジオ的に聴いていただくことも可能です。

東京池袋の本屋【梟書茶房(ふくろうしょさぼう)】

梟書茶房では、本自体を「フクロウ文庫」と呼んでいます。本屋に併設してカフェがあり、そちらも本に囲まれた空間となっています。(本屋×珈琲=「書茶房」)

メニューにも、本と珈琲のセットがあるメニューにも、本と珈琲のセットがある

冒頭にも述べたとおり非常に斬新な本屋で、本棚には全く同じカバーがかかった本がずらーっと並んでいます。

そのため、置いてある全ての本にカバーがかかっていて、本の中身が分かりません!

カバーがかかった本が並んでいる本棚カバーがかかった本が並んでいる本棚

「中身が分からない状態で、本を選べるのだろうか?」と感じてしまうかもしれません。

実は、置いてある本には仕掛けがあり、本全てに「読んだ感想・おすすめの理由・読みやすさなどの星評価」が付けられています。ですので、そういった情報から本を選ぶことができます。

本の評価・本棚にある目録の中身本の評価 本棚にある目録の中身

また、本のカバーだけでなく、本棚ごとにも目録が置かれています。

「これを読んだ方はこれを読んだ方がいいよ」「あの本棚にある本もおすすめだよ」というように、本がつながっていく。このような本を次々に見ていく仕掛けは初めてで、新しく感じました。

読み出したら止まらない、書誌目録

店内には、「梟書茶房目録」という書誌目録も用意されています。

目録目録

目録の中身目録の中身

例えば、No.0001の場合はこのように書かれていました。

表紙を見て、まずにやけてほしい。
ページをめくりながら微笑んでほしい。
そのうちに吹き出してほしい。
この本を手にしたあなたに笑ってほしい

読みやすさ星5、誰かにあげたくなる星も5、役に立つ星1
500円

私はこれを読んだだけでも「いや、役に立たないのかよ!」と、笑ってしまいました。

本の中身は分からないけれど、思わず買ってしまう。そういう本が、本棚に置かれているようです。

番号をふられている本を手に取って、「この感想と理由…なんだか面白そうだな」と思ったら、それを買うかもしれない。

金額だけを見ると、2,000円超えの本に「うっ」となることもありますが、おすすめの理由や感想があると、ビビッとくる直感で選んでしまいます。

人が本を買う理由いろいろ

実際に、友人と私はそれぞれ本を購入しました。

私の場合はあまり迷うことなく、No.0212という番号で決定。
誕生日(2月12日)の番号で本を選んで、どのような本かな?と。

私が選んだ、No.0212の本私が選んだ、No.0212の本

本の中身は、普段であればまず絶対に買わないだろうという「江戸のなぞなぞ絵解き」といった内容で、「こんな世界があったんだ・・」と得るものがありました。

一方で友人は、最初に手に取った本を購入しました。

手に取った本(どうやらミステリーの短編)に「この本を読む方にはこっちのミステリーもおすすめ」と書いてあり、その通り見てみようとしたものの、つないだその先の本が本棚に無かったそう。

すでに売れてしまったのだろうと、その本棚に置いてある目録を見ると、「それが好きな方、このミステリーもどうぞ」とあるので、次につながっている本を探したところ、その本も無かったと。

「2つ先にもないのか!」

ということで、友人は最初に手に取った本を買っていました。

並んでいる本(店内内観)並んでいる本(店内内観)

本をつないで本を探せることも魅力ですが、本が本棚に無かったことですら、本を買う理由になるというのが面白いなと思いました。

普段であれば、目当ての本が無ければ「何でないんだ!」→「取り寄せお願いします」となります。しかし【梟書茶房】では、「無いなら、中身の分からないこの本を買おう」と本を買う理由に転換できます。

本を選ぶこと・本棚を色々見ることそのものが、エンターテイメントとして成立していました。

誰かと訪れてほしい、話が弾む空間

カフェの店内カフェの店内

私と友人は、それぞれの理由で本を選びました。そうすると、その本を買った理由・買うまでに至ったプロセスなどを、ついつい人に話したくなりました。

これも、【梟書茶房】の大きな魅力ではないでしょうか。

同じ金額で買う本でも、その前後に物語があって、その本に出会った理由というのは非常に面白いし、価値があるものだと私は考えています。

【梟書茶房】の店内では、友人同士・親子で来ている方々が、本棚を見ながら「この理由、なんか面白くない?」と言って、盛り上がっていました。

図書館や本屋というのは、静かにしなくてはいけないイメージがあります。そのため、本に囲まれた空間で、本に関する会話が生まれている場所という点も珍しいと感じました。

会話をきっかけに本を手に取り、新しい世界・分野・内容に触れるきっかけを作っている本屋【梟書茶房】は、非常に素晴らしい本屋であると、心から思いました。

カフェ利用もおすすめ!池袋での待ち合わせにも最適

カフェ利用じ画像を集めましたカフェ利用画像を集めました

【梟書茶房】では、その名のとおりカフェが併設されています。カフェ内にも本があるので、珈琲を飲みながら読書するもよし、池袋での待ち合わせ場所としての利用や、おしゃべり目的での来店もおすすめです。

お店へ足を運んでもらえば、必ず本棚を目にすることになるので、「ああ、こういう本棚もあるんだ」と見てもらいたいなと思います。

あとがき

私も朝の10時半から、珈琲を飲みながら本を読んで過ごしました。メニューも充実している(しかも美味しい!)ので、池袋に行かれた際はぜひ立ち寄ってみてください。本棚をのぞけば、きっとこれまで読んだことがない本と出会えるはずです。

これからも、本屋の新しいミカタ・これからの未来の話など、自分なりに思ったことや歩きながら感じたことを、お伝えしていきたいと思います。

絶賛配信中▶ 本と本屋のミカタ #02(Youtube)

今回訪れた本屋「梟書茶房」

住所 〒171-0021
東京都豊島区西池袋1-12-1 Esola(エソラ)池袋 4F
営業時間 10:30~22:00(L.O.21:30)
定休日 無休(特定日を除く)
HP 梟書茶房