読書しない読書会を継続する

読書しない読書会14回レポート
14回目の今回は、それぞれの参加者と接する中で、継続することでしか提供できない価値について再認識する機会となった。

そう感じたのは、リピートして参加頂いている人(14回連続の方も!)の興味・関心、もっと言うと思考の軸や変化がわかってきたということである。
これは参加の度に「同じ軸」で選ぶ本もあれば、全く「異なる軸」で選ぶ本もあるという形で現れている。おそらく逆も然りでリピート頂いてる人は私の思考がわかるようになってきているのではないだろうか?

つまり感性で「本」を選ぶという行為を続けることは、自らの思考の変化を知れるということ。
参加者の方に、読書しない読書会は継続して参加するとより意味がありますよー、または参加しなくても同じように定期的に本屋に足を運ぶといいですよーと話をしている理由はここにある。

本屋にふらっと足を運び、興味・関心を持った本とその理由の「記録を継続する」ことで、自分自身の思考等が様々に見えてくる。
それは時にアイデアとして形に現れ、自信が思い描く理想の方向へと進むきっかけになるかもしれない。

自分自身で見て・触って・考えたことから生まれたアイデアなのだから。

最初は「点」としてのきっかけでしかないけれど、いつか「点と点がつながり」参加してよかったと思ってもらいたい。
そのために必要とされる限り開催し、きっかけの点をいくつも提供しようと思う。

そんなことを考えた第14回。

第14回参加者からのご意見・ご感想

無意識レベルで自分が気になっていたけど意識していなかったトピックに気付ける時間でした!

普段は足を運ばないようなコーナーで、新たな気づきを得ることが出来ました。参加者との共有の時間もとても楽しかったです。思い悩んだ時は本屋に行くと、何か解決の糸口が見つかるかもしれませんね。本日はありがとうございました!

毎回ながら、新しい気付きがあり有意義な会です。 自分の思考が整理されました。 また、参加された方々の本を選ぶ考えにも、共感できる所が多く、よい刺激になりました。 次回の開催、楽しみにしています。

本日は参加させて頂き、ありがとうございました。 本屋に行く前のカフェタイムで三田さんや、過去の参加者の方の感想を聞くことで、ワクワク感が増し、好奇心が普段よりも高い状態で、本屋に行けたので、とても楽しかったです。 また、普段あまり行かないコーナーにあえていくことで、面白い本に出会えて、何かスピリチュアルな要素もあり、こんなにワクワクした本屋さんは初めてでした。 次回も是非参加したいです! 貴重な機会をありがとうございました。