第32回:4コマワークショップオンライン開催レポート

オンライン ワークショップ

32回目の4コマワークショップはオンラインで開催しました。

これまでもオンラインイベントの主催を続けていましたが、ここ1ヶ月でオンライン(zoom)に参加者も慣れが急激に進み、ツール関係のトラブルはなくなり、スムーズな進行ができるようになりました。

どこかぎこちなかったカメラ越しでの4コマのシェアも今では当たり前のこととして受け入れられてきた気がします。

さて、今回は4名での開催で、神戸から参加者も。昨年までの物理的に限られた場所・時間でのイベント開催ではお会いすることができなかったのでこうした新しい縁は嬉しいものです。

次は海外からも参加頂けるように取り組みを拡げていきたいと思います。

三者三様の感想

4コマに書く内容が異なるように、感想がまさに三者三様で頂きました。

その中でも「他の参加者の感性に触れることが出来て、有意義な時間」「四コマのフォーマットが個人に任されましたが、1234の順番が人によって違うのだなと思いました。何というか自分の常識とは違うのだなと改めて実感しました。」というように参加者同士で気付きを得る場になったことは嬉しい感想でした。

時として、自分にとっては大切ではないようなことが、実は回りに大きな気付きや影響を与えてくれることがあります。これからもそんな参加者みんなが気付きを与えあえる時間を提供したいと思います。

以下、参加者の4コマ作品!?と頂いた感想をご紹介します。

4コマ 漫画

決まった時間内に、自分の記憶の中からネタを集めて、起承転結を組み立てて、漫画に表す。
作品をみんなの前で発表して、フィードバックをもらう。

この一連の作業の中で
・集中力
・話を組み立てる力
・表現力
が鍛えられると思います!

また、他の参加者の感性に触れることが出来て、有意義な時間となりました。
目的のない、他愛のない会話ももちろん楽しいのですが、限られた時間の中で何かを伝えようとする会話が良い刺激になります。

私はここ1~2か月、在宅勤務で外出も控えているため、一人で過ごす時間が殆どです。
そうするとちょっと退屈な時間を過ごしてしまったり、実際には時間は過ぎて季節も移り変わるけど自分の周りの時間が止まってしまっているような感覚がありました。

オチを見つける、という視点で生活すると一人で過ごす時間の中でも気づけることが増えそうです!

だいぶ意識高い系の雰囲気醸し出してしまいましたが(笑)
とっても和やかな雰囲気の会でした。絵に自信が無くても文字と言葉で何とでもなります。
参加を迷われれている方は気軽に参加されると宜しいかと思います!

 

4コマ 漫画"

楽しいイベントありがとうございました。

オフラインでの実施の際は時間的に参加が厳しかったので、オンラインで気軽に参加できて良かったです。

今回、四コマのフォーマットが個人に任されましたが、1234の順番が人によって違うのだなと思いました。何というか自分の常識とは違うのだなと改めて実感しました。(また4コマで書いた教訓みたいになっている。)

四コマは鉛筆で書きましたが、鉛筆で書くと線が薄くて共有の際に見づらいですよね。といいつつも油性マジックで一発書きできる画力は持ち合わせていない…ということでフリクションのサインペとか試してみようかなと思いました。

 

三田さん、ご一緒して下さった皆様、ありがとうございました

絵心が壊滅的で、絵を描くということにかなり抵抗があったのですが、楽しかったというのが率直な感想です。やってみてわかったのは、4コマを描くという行為は4つの絵を描くことではなく、4つ目のコマというゴールを決めて、そこまでの道筋を描いていく作業だということです。

目標設定の際、「ゴールを明確にすることが重要」とよく耳にしますが、そこに至るプロセスはあいまいなままになっていることが多い気がします。今後、自分やチームのメンバーが目標を決めないといけないとなった際には、4つ目のコマだけでなく、そこに至るまでの3つのコマも作るようにしたいと思いました。

余談ですが、「オンライン4コマ ワークショップ」は自分にとって、はじめてのオンラインワークショップでした。オンラインでのワークショップが楽しく、価値のあるものだということを教えてもらえたという点でも、参加してよかったです。

進行役の方も気さくで、優しい方でした。初めてワークショップに参加するという方も抵抗なく楽しめると思います。

今後の開催予定

次回は、5月19日(火)20時からです。参加お待ちしています!