読書しない読書会

読書しない読書会~感性で本選び~

読書しない読書会とは?

「一般的な読書会」とは異なり、参加者同士で本を読み合うことはしません。
それでいて参加者各々が「深い学び」と「気付き」を得ることができる会です。

その理由は、本を読むことの価値の80パーセントくらいは、どの本を手に取るか?
ということにかかっていると考えているからです。つまり、自分が何を読みたいのか、何に興味があるのか、ということに自分で答えることが、読書をする価値のほとんどだと思うのです。

その価値を高めるために読書しない読書会では、大型書店にて、普段はいかないジャンルのコーナーへあえて行き、そこで素直に感じた気付きや刺激を参加者同士でシェアすることを大事にしています。

普段は本を読まない人から本が大好きな人まで、これまでと違った本との付き合い方を通して「楽しく」「学びのある時間」を過ごしてもらえたら幸いです。

 

STEP1 スタートはカフェで


休日らしくおしゃれなカフェでコーヒーを一杯飲みながらスタートします。
企画內容の説明後、一人ひとり「普段はいかないジャンルのコーナー」が書かれたくじを引き、大型書店での行き先を決めます。

 

STEP2 大型書店を感性の赴くままに散策


「普段はいかないジャンル」に身を委ねて歩き回ってみましょう。きっと何か気になる本が目に入ってくるでしょう。そしたら積極的に手に取り、「なぜ」その本が気になったのか理由を考えます。
※特に気になった本は購入しましょう。

 

STEP3 ランチを食べながら本屋体験をシェア


気になった本の理由や本屋でどのようなことを考えたのか、本屋での体験を参加者みんなにシェアしましょう。自分の言葉でシェアすることは、より考え深め、気づきや学びを自分のものにする最適な方法です。

 

これまでの購入本(計27回)

booklog

booklogにてこれまでの購入本を管理しています

 

参加者から頂いたメッセージ

毎回素晴らしい企画有難うございます。参加者それぞれの視点に刺激を受けます。休日の頭のリフレッシュ休暇に最適です。有難うございます。次回以降も参加したいと思います。
- 40代 男性

本の買い方に着目してイベントに参加した。ジャケットが題名だけでなく、キャッチコピーに惹かれて買っていることに気がついた。自分の中で改めて問いを立てることができる本を買いたいと思った
- 大学生 男性

普段なかなか感覚を優先して意思決定をしてないなと気づきました。どうしても理由付けをしてしまうので、なんとなく選ぶ、という感覚を大切にしていきたいなと思いました。毎回、新しい気づきがあるのが有り難いです
-30代 男性

主催者・参加者の皆さんとても優しく面白いので、休日のリラックスも兼ねて、毎回とても楽しく参加させていただいています。 本を選ぶ時、「何となく」ではなく、「なぜこの本を選んだのか・何が面白そうなのか」をしっかり考えて選ぶと、帰ってから本を実際に読んだときの内容がいつもより頭に残りやすくなるように感じています。日常の本選びする際にも、以前よりはしっかり考えて買うようになりました。また他の参加者の方に説明するために諸々整理するので、より考えを深めて整理・説明する力の練習にもなる気がします。
- 20代 女性


 

お知らせ・メディア掲載

2016-09-14 【メディア掲載】 NHK NEWS UP リアル書店で新たな出会いを

 

過去の開催レポートブログはこちらへ

次回開催予定

2018年1月を予定しています。決まり次第サイトおよびPeatixにてご案内いたします。